YOUTH DEVELOPMENT COMMITTEE

青少年共育委員会

一般社団法人日光青年会議所2019年度 委員会活動方針

青少年育成委員会委員長 高橋祐也

委員会スローガン未来は創れる! ~自信と成長を子どもたちに~

【委員長所信】

平成が終わり新たな時代が始まります。科学技術の進歩は目覚ましく、今後もさらに速度を上げ成長していくでしょう。文部科学大臣は「今の子どもたちが成人する頃には、我が国は厳しい挑戦の時代を迎えていると予想されます。」と述べ、「社会構造や雇用環境の変化、将来の職業の在り方についても、現在とは様変わりすることになるだろう。」と指摘しています。また過疎化や少子化などにより地域コミュニティの教育力はますます低下していくと懸念されます。子どもたちは親や学校以外で大人と関わることが少なく、地域の大人から学ぶという事や地域の大人が成長を見守るという事が難しくなってきています。将来を担う子どもたちがこうした変化を乗り越え、そして健全に成長するためには何が必要とされるのでしょうか。

家庭と地域社会との連帯の強化といった子どもたちを取り巻く社会環境の改善や、変化が訪れたとしても柔軟に切り抜けられる力の育成など、私達が取り組むべき様々な課題があります。その中でもとりわけ私は「子どもたち自身の力」に着目しました。まず自身の力を育てるという事が変化を乗り越えるために必要な最初のステップであると考えたからです。他者と目的を共有してお互いの良さを活かし、対等な立場で解決に向かう「協働性」、協働において自分の意志や判断で責任を持ち行動するという「主体性」、その二つを持って挑戦し、最後まで諦めずにやり遂げる「実践力」、それらがどのような時代になろうとも自ら道を創り出せる力であり、子どもたちが身に付けるべき力であると考えます。

私は日光の子どもたちに、君には無限の可能性があり、君たちの未来は君自身の力によって創り出せるんだ、他人による時代の変化に期待するのではなく、自分が当事者として社会に参画することが大切だ、という想いを伝えていきます。難しくて躊躇してしまいそうな時も一歩を踏み出す勇気を持ち、物事を深く考えてそれをしっかりと周りに伝えるという事を学び、一人ではなくみんなで取り組んだ時の力の大きさを感じ、達成した時の喜びとそれが自信につながるという事を知っていただきます。そしてこの一年が終わった後、子どもたちが自分や社会の未来を少しでも考えてみよう、物怖じせず挑戦してみよう、自ら率先して様々な活動に参加してみようと思える人間に成長し、さらには将来自らがその時代の子どもたちに発信できる立場になり周りを巻き込んで社会を動かせるリーダーになって欲しいと願います。

協働性、主体性、実践力。これらこそ今後の自分や社会を創り出せる力であると確信しています。「未来は創れる! ~自信と成長を子どもたちに~」のスローガンと共にこの想いを日光の子どもたちへ伝え、厳しい挑戦の時代を乗り越える「生き抜く力」を醸成できるよう委員会一同、一年間邁進して参りますことをお誓いし、委員長所信とさせていただきます。

【委員会事業計画】

  1. 5月 例会の実施
  2. 7月 例会の実施
  3. 12月 例会の実施(学童スケート競技大会)

MEMBERSHIP

入会案内

詳しく見る

 

CONTACT