AFFAIRS COMMITTEE

総務広報委員会

一般社団法人日光青年会議所2019年度 委員会活動方針

総務広報委員会委員長 生井一志

委員会スローガン「想い」と「魅力」の伝達者 ~メンバーと日光青年会議所に更なる輝きを~

【委員長所信】

「明るい豊かな社会の実現」という変わらぬ想いを胸に、多くの事業を展開してきた日光青年会議所も合併して8年目になり、私自身入会7年目となります。その歳月の中で私は青年会議所という組織、また数々の事業の中で多くの学びを得ることができ、日光青年会議所のメンバーである責任もしっかりと感じられるようになりました。本年、総務広報委員会の委員長を務めさせていただくにあたり、日光青年会議所の運営を担う重要な立場であることを自覚し、日光青年会議所の更なる発展の為、しっかりとした組織運営、情報発信を行います。

まずは、組織運営を円滑に行うことを責務とし、総会や理事会において有意義な議論を行える場の設営・運営を行います。そして、効果的な運動を展開するために、各委員会と連携して目的を共有し、意図や対象を明確にメンバーに発信することで、メンバー一人ひとりにまちづくりの参画者であるという意識向上を進めていきます。また、近年の例会の出席率を見ると、JC活動に対する印象や意識の違いから、JC活動への取り組みに温度差が生じているように感じます。メンバーへ向けて事業の内容、青年会議所としての想いを分かりやすく伝え「事業の周知」はもちろんのこと「意識共有」に努め、例会出席率の向上、事業の質を高めます。

つぎに日光青年会議所がより多くの市民の賛同を得るため、また市民を巻き込む運動展開が行えるよう活動します。情報発信のあり方を検証し、新たな広報戦略のもと市民をはじめとする諸団体が興味を惹く情報を広くわかりやすく発信します。従来のホームページ、SNSの迅速な更新を行いながら、これまで以上に活動や運動の価値を高めていける新しい情報発信の可能性を模索します。

以上の二点から、総務の分野では組織の拠点としてメンバー一人ひとりを支え、JC活動が滞りなく行う環境を作り、広報の分野では情報の発信源として効果的な広報活動に努め、日光青年会議所としての価値を高め、多くの市民に活動に共感していただけるような組織を確立していきます。日光市の各種団体と連携しながら、事業を先導してきた日光青年会議所を地域に周知し、共感を得ることで、理解と信頼に裏付けされた強固な組織の発展へと繋げていきます。

最後に、総務広報委員会は本年度、年齢も若く、JC歴の浅いメンバーが多く所属します。委員会メンバーは各委員会の事業に関わり持つことになり、対内外問わず多くの人と関係を持つことから、この一年で得ることや成長できる機会も多く、これからの日光青年会議所を担っていける人材へ成長できると思います。また、そんなメンバーの活躍や姿は組織全体への刺激となり、日光青年会議所の発展へと大きく貢献できるものと考えます。私自身、当委員会が日光青年会議所の根幹を成す委員会であることを強く意識し、「想い」や「魅力」の伝達者となれるよう全力で一年間活動していきます。よろしくお願いします。

【委員会事業計画】

  1. 総会の設営・運営
  2. 理事会の設営
  3. 賀詞交歓会の設営
  4. JCルームの管理
  5. 2LOM交流事業
  6. 各事業の広報活動
  7. LOM内の情報発信
  8. 対外への情報発信
  9. 効果的な広報の確立

MEMBERSHIP

入会案内

詳しく見る

CONTACT